動画制作を依頼するにあたり、必ずやっておかなければならないことはありますが、それでも余裕がある場合には、できればやっておきたいことまで準備しておくと良いでしょう。これらをやっておくことにより、動画制作会社に非常に喜ばれます。良い動画制作会社の場合には、出来る限りクライアントの強みを引き出したい、理解したいという思いが非常に強いものです。これまでにどのような施策を行ってきたのか、またどのような課題があるのか、なぜ動画を作ろうと思ったのかなどのコミュニケーションもとることができれば、クライアントの理解が非常に進みます。

これにより動画制作会社はよりその会社に適したものを提案することができるのです。できれば準備しておきたいこととしては、KPIを設定しておくことが挙げられます。KPIとは重要目標達成指数と呼ばれるものであり、具体的な数値で出しておきたい所です。視聴者数や動画再生数、広告のクリック数などがこれに該当します。

何人ぐらいを集客して、どれだけのクリック数や問い合わせを獲得したいなのかなどのような具体的な数字を表すことができれば、制作会社はその目標の数字から戦略を考えやすくなることでしょう。また伝えたいメッセージの内容を決めておくことも重要です。動画の種類によっても伝えるべきメッセージが大きく異なります。会社紹介が目的であれば、自社の強みや他社とは違う魅力などを訴求することになります。

採用が目的であれば職場の雰囲気や仕事内容の理解などが大切です。メッセージはターゲットや目的により大きく異なる為、制作会社にしっかりと伝えておきたいところです。