動画制作を行う場合には具体的な流れや手順が決まっているのが一般的です。動画制作を依頼する前には、その流れや手順について把握しておくことも大切です。まず最初に動画制作のスタートにあたるものが企画です。企画ではどのようなことをするのかというと、何を目的に使うものなのか、動画で何を伝えたいのか、誰に伝えたいのか、また掲載先などを明確にすることが重要です。

次に撮影を始めることになりますが、撮影においてはキャストやカメラマンなどの人材だけではなく、カメラ機材や照明、撮影現場の確保などが重要です。機材がなければレンタルなどで揃えることも可能です。撮影が終わったら編集に移りますが、編集を行う前には、必要なシーンが本当に取れているのか、クオリティのチェックなども行います。その上で伝えたい情報やターゲットを意識しながら必要となるシーンをつないでいくことになります。

その際に掲載先に合わせて動画の長さも考慮することが重要です。最後に編集も終了したらいよいよ公開に至ります。公開する媒体に合わせファイル形式で作っておくことが大切です。動画の公開先には公開設定に特徴があるため、事前に確認しておくようにしましょう。

このような流れで最終的に動画が投稿されることになりますが、これらはあくまでも一例です。制作する内容や依頼する動画制作会社により異なる可能性もあるため、よく確認してから依頼しなければならないことを覚えておきましょう。