動画制作を行う上でさまざまなポイントに注意する必要がありますが、動画の長さについても十分に気を配る必要があります。動画制作をする場合には、長い方が良いのではないかと思う人もいるかもしれませんが、実際には長くても1分以内にまとめる事が一つのポイントとなります。伝えたいことが多いとその分動画は長くなりがちです。とはいえ動画を見る側の立場に立ってみれば、動画が長いと段々と飽きてしまい、途中で観るのを辞めてしまうものです。

スマートフォンなどの細かい画面で動画を見る場合には、隙間時間を使い見るケースも多いものです。長い動画をじっくり見る人はあまりおらず、ましてや企業のPR動画となるとなおさら短くする必要があります。また全体の長さも重要なのですが、その中でも最初の5分を意識するようにしましょう。動画制作だけではなくどんなことにも言えることですが、最初のつかみが非常に重要であり、YouTubeの場合には5秒で動画広告をスキップできてしまう機能があります。

このようなことからスキップができない最初の5秒間に、見ている人の心をつかめるかどうかが重要です。5秒間の間にターゲットの心に残る映像を映すことができるか、ターゲットの心に響く言葉を届けることができるのかにより、動画の効果は大きく変わります。5秒という非常に短い時間の中で、どれだけ効果のある情報を短くまとめて入れ込むことができるかが、大きな鍵と言えます。